自分らしく生きるための3つのコツ

自分らしく生きるとは? 現状に漠然と不満があるけど改善の仕方が分からない。どこから手を付ければいいのだろうか……。すぐできる具体的な方法簡単な手順とかないのかな?

 

自分らしく生きる。その始め方、起点についてお答えします。

  記事の内容

もっと自分らしく生きたい、と漠然と考えてはみても実際どうすればいいのかよく分からなくて戸惑うことがあります。

本記事では簡単にできる具体的な方法と、手助けになる考え方を紹介します。

※本記事は約3分で読み終わります。読んですぐに自分らしく生きるための具体的な方法を実行できるのできっとよい手助けになるかと思います。

自分らしく生きるための3つの方法

早速ですが、自分らしく生きるための方法は下記のとおり。

  1. 思っているほど自分を知らないことを理解する
  2. 自分の楽しいことは何だろうという疑問を常に頭の隅に置いておく
  3. 自分に合っていないことを探す旅をする

1.思っているほど自分を知らないことを理解する

自分らしく生きるには自分のしたいことを知るのが必要不可欠です。

自分自身を知ること。ここを疎かにしてしまうと確実に行き詰まります。

何だよ、そんなこと当たり前じゃないかと思う方もいるかと思いますが、そんな方に質問です。


あなたのしたいことは何ですか?


うーんとりあえず趣味かなー…えーとあとはー…。

パパッといくつもしたいことは思いついたでしょうか。

思っているほど自分を理解してる人は割と少ないんじゃないかなと感じます。
(ちなみに3年ほど前の私は思いつきませんでした)

自分らしく生きたい人の心理

自分らしく生きたいと思う起点は現状の生き方に何かしら不満がある場合が多いです。

今充実しています!って人が自分らしく生きるにはどうしたらなんては疑問あまり持ちません。

心理として現状に不満を持っている、それを改善するためにはやはり自分らしく…と受け身スタートの人が多い

流れるように辿り着いた疑問なのでそこからどうすればいいのか戸惑うのも仕方ありません。


ですがそれが悪いというわけではない!受け身だろうと疑問を持ったことはとても良いこと。

この文章を見ながら自分の心の動きを理解してるだけでちょっと前の自分より確実に成長しています。


自分の中身が少しずつ分かってきたところで実際にあなたらしくいきるための具体的な方法を確認してみましょう。

 

2.自分の楽しいことは何だろうという疑問を常に頭の隅に置いておく

一番おすすめの方法です。


自分の楽しいことは何だろうという疑問を常に頭の隅に置いておく


自分らしく生きるための起点としてはぶっちゃけこれだけでいいと思います。

これだけだと味気ないので下記でもう少し詳しく説明しますね。

・頭の隅に入れておくだけでいいので誰にでもできる
・時間が経つにつれて自分のやりたいことが明確化する

2-1.頭の隅に入れておくだけでいいので誰でもできる

方法は書いてある通りで普段生活する中で「自分の楽しいと思うことは何だろう何だろう」というのを頭の隅に置いておくことです。

とりあえず続けていると「あっこれ楽しいかも」とか「このとき幸せかも」とおぼろげにも思う瞬間があると思います。明確に分からなくてもいいです。

ちょっとずつこれかな?という物事を集めていきます。


大事なのは物事を広く捉えること


例えば具体的な行動をしなくても、人の笑顔を見ているだけでちょっと幸せな気分になっているかもしれません。些細なことでも集めてみましょう。

2-2.時間が経つにつれて自分のやりたいことが明確化する

集めていく過程で「これ前も楽しく感じてたかな」と被ることに気づきます。

その機会がまた少しずつ増えていきます。


最初はこれかな?とおぼろげだったものが着実に明確なものに変わっていきます。


自分に向き合う時間を長く取ること


一発大きなことをしなくてもいいです、頭の隅に置くだけ。

それだけで気がついたらあなたのやりたいことがブラッシュアップされています。
時間はかかりますけどね(笑)



(↓余談。。。↓)
僕は自分らしく生きたいと思ってこの方法をやり始めてから2年後にやっと分かりました。

えー長いじゃん!と思う方もいるかもしれませんが、今まで二十年以上と自分を考えてこなかったことを考えれば十分短い時間で辿り着いたと思います。

今まで自分のしたいことをちゃんと考える機会なんて小学生の将来の夢、高校や大学での就職ぐらい。

高校大学になると安定だとか高収入、労働環境がどうとか打算的な考えも入ってくるので尚更自分のしたいことなんて真剣に考える機会は減っていました。

3.自分に合っていないことを探す旅をする


新しいことを始めましょう。

既に興味があることや2.自分の楽しいことは何だろうという疑問を常に頭の隅に置いておくをやって興味がでたもの等、軽い気持ちで動いてみましょう。

そこで結構気づくと思います。


「あ、これ自分に合わないな」


自分の嫌いなことって割とやってみないと分からないものなんですね。

皆さんの中にも意識していないだけですでに経験している方いませんか。


「あ、この仕事合わないな(自分らしく生きるための仕事は…)」


新しいことを始めるって興味あるものをという場合が多いので勘違いしやすいのですが、自分に合わないもの、嫌なものを見つける行動でもあるんです。


2.自分の楽しいことは何だろうという疑問を常に頭の隅に置いておくは自分のしたいことを見つける作業。


3.のこちらは自分のしたくないことを見つける作業。


新しいことを始めて楽しかったらラッキーです。

2.自分の楽しいことは何だろうという疑問を常に頭の隅に置いておくの作業がぐっとゴールに近づきます。

2.と3.同時進行でできて相乗効果もある。おすすめします。

あなたらしく生きるために

自分らしい人生なんて人それぞれ。

自分らしく生きるために、自身のやりたいことを自分のペースで探してみませんか。

どう生きたとしてもたった一度の人生、これを読んだ皆さんが充実した一生となりますように。

タイトルとURLをコピーしました