歯医者と患者

失うと後はない

小児歯科

「歯」を失う原因とは

歯は一度失うと、二度と元に戻ることはありません。自ら再生できないため、歯科医で何らかの治療が必要になります。歯はかけがえのないものである、と多くの方が理解しています。しかし、このような認識で毎日のケアを実践している方は、そう多くはないのではないでしょうか。歯をいつまでも保つためには、正しい知識が必要になります。歯を失うには、様々な原因が考えられます。しかし実際には、約8割近くのケースが「虫歯」と「歯周病」が原因で歯を失うのです。この2つは、生活習慣と多いに関係があります。自覚症状がすくなく、ゆっくりと長時間かけて症状が進行していきます。そのため、歯科で治療を受ける際には、かなり症状が悪化している場合が多いのです。歯を失わないためには、これらの病気を予防することが必要なのです。

歯を健康に維持していくためには

「虫歯」や「歯周病」は、生活習慣と大きな関係があります。生活習慣を改善することで、「虫歯」や「歯周病」等の歯のトラブルを予防することが出来るのです。日常生活で実践することとは、まず、砂糖を極力控えることです。そして、長時間に渡り食べ物を口中に入れ続けないことも大切です。寝る前の歯磨きを丁寧に行ない、フロス等で歯間の汚れを取り除くようにします。そして、半年に一度は定期検診のために歯科医に通い、歯と歯茎の健康を維持するように努めるのです。自分で出来るケアには、限界があります。そのため歯科医によるケアは、歯を維持していくために欠かせないものなのです。以上の様な点に気をつけて生活を送っていくことで、自分の歯を健康に維持することができるのです。かけがえの無い歯を守るためにも、今日から実践していくことが大切なのです。